離煙パイプ成功の秘訣

近年の健康志向の高まりから、禁煙を希望する人が増えている傾向にあります。日本でも今年の4月から健康増進法が改正され、これまで喫煙可能だった飲食店も「全席禁煙」という体制に変更している店舗が多くなりました。喫煙は健康によくないとわかっていても禁煙できない人は数多くいます。そんなときにおすすめなのが禁煙支援の1つのツールとなっている「離煙パイプ」です。

そもそも「離煙パイプ」とは、禁煙グッズを製作している会社が開発したもので、日本のみならず韓国、中国のアジア圏やスペインやイタリアなどのヨーロッパ圏で発売されています。「離煙パイプ」は1番から31番の31本のロットで構成されています。設定方法は簡単で、喫煙時に吸い口にロットを取り付けるだけです。ロットは番号が大きくなるほど吸い口の幅が狭いのが特徴です。

主な仕組みは、ロットに横穴が開けられていて、喫煙時にタバコに含まれている本来の主流煙と空気が同時に取り込まれることでニコチンの量を段階的に減らすことを目的としています。最終的には、非喫煙者が1回に吸い込む0.005mgのニコチンの量まで減らし、使用後に禁煙することではじめて禁煙に成功したと考えられます。使用するタバコの銘柄に特に指定はないですが、銘柄によって禁煙を達成する日数が変わってきます。パイプの購入方法は、タバコを取り扱っているショップはもちろんのこと、インターネットでも購入することが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です