離煙パイプで無理なく禁煙

離煙パイプは禁煙グッズのひとつです。1から31番まであるパイプを毎日吸うタバコに取付けるだけで簡単に禁煙できます。喫煙が体に害のあることはすでに知られており習慣的な喫煙は、肺だけでなくほぼすべての臓器に悪影響を及ぼします。生活習慣病との関連もいわれており、タバコに含まれている有害物質ががんを誘発する、動脈硬化や脳卒中のリスクを高めるといった報告がなされています。

タバコを吸っている人の煙を周囲の人が吸う副流煙も問題視されており、近年禁煙の必要性が強く言われています。禁煙方法にはいくつかあります。禁煙外来もそのひとつですし、禁煙支援プログラムを利用したり、ニコチンガムやニコチンパッチを使用するのも手段です。ただ禁煙しようとしても成功しないこともあるのが現実で、吸い始めてからそれほど経っていない人であれば意志の強さで成功することがありますが、長く吸っている場合はなかなか成功しない人もいるようです。

そんなときに利用できるのが離煙パイプです。禁煙外来や禁煙支援プログラムのように通院する必要もないので忙しい人でも便利です。離煙パイプは附属しているパイプを毎日順番につけてタバコを吸うだけで禁煙できます。精神的な負担もないですし、タバコを吸いながらニコチン摂取量を減らすことができるので簡単です。

しくみは単純でパイプに大きさの異なる横穴がついており、タバコを吸うときにその穴から煙を逃がすことで接種するニコチン量を減らすことができるというものです。最終的にはタバコを吸わない人が呼吸の際に自然に接種する量と同程度まで減らすことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です