離煙パイプなら禁煙時の離脱症状を軽くできる

離煙パイプは一ヶ月かけてタバコの代わりに使用する目的のアイテムであり、1番から31番まで番号が書いてある31本をパイプで構成されています。使用方法はタバコを喫煙する際に吸口の部分に離煙パイプを取り付け、禁煙を行えるようになる特徴を持っています。今まで禁煙といえばいきなりタバコを吸うのを止めてしまう人が多く、心身ともに辛くなり結局禁煙を挫折してしまうという人も少なくありませんでした。しかしこの離煙パイプには、タバコに含まれているニコチン摂取量を減らすことができるように、パイプの部分に横穴が開けられているので、使用する日数に応じてパイプの番号が大きくなり更に横穴も大きくなります。

継続して利用すれば1番で3%を減らし、5番で15%で10番は30%、15番で45.5%で20番で61%、25番で75.5%で最後に使用することになる31番は95%減らすことが可能になるので、段階的に摂取量を0.005mgまで減らしニコチン依存からの脱却をはかることが可能です。31日続けて離煙パイプを利用した後は、タバコを吸うのを止めて本格的に禁煙を行うことで体内のニコチン依存を最小限に抑えて行うので、何も対策をとらずに行うよりも離脱症状も軽くなるメリットを持っています。禁煙アイテムとの違いとして、タバコを吸いながら徐々に離煙していくことができることや、吸える本数に制限はなくパイプと中子ともに洗浄が行えて、使い捨てではないことも大きな特徴です。そのため一ヶ月ではあまり効果が出なかった場合に続けて二度使いすることも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です