離煙パイプはコスパに優れた禁煙方法

禁煙外来で禁煙する方法は王道と言われますが、保険適用になった場合でも2万円程度かかります。ニコチンパッチやガムなども数万円かかることがあり、しかもすべての人に適用になるわけではありません。これに対して離煙パイプを使用する方法は、すべての喫煙者が利用できるのです。費用に関しても2万円未満に抑えられるので、費用対効果に優れた禁煙法となっています。

離煙パイプでの禁煙は1か月または2か月かけて行います。意志が強ければ1か月で成功できますが、意志があまり強くない人、ヘビースモーカーの人などは2か月かかるかもしれません。喫煙しながら禁煙を実現できる数少ない方法で、我慢しなくていいから精神的に楽です。1~31までのパイプがあり、毎日交換していけばいつの間にかニコチン依存から解放されています。

喫煙者の多くはニコチンを体内に取り込むために喫煙しますが、なかには喫煙する行為自体がストレス解消になるという人もいます。口が寂しくなると飴やガムがほしくなる感覚と似ているでしょう。禁煙までにかかる期間は個人差があるので、決して焦る必要はありません。焦るほど自分自身を追い込んでしまうので、気楽な気持ちで禁煙に取り組んでください。

離煙パイプには副作用はありませんし、何よりニコチンをブロックするのでタバコの健康被害を抑制できます。禁煙は失敗を繰り返すほど自信喪失につながり、ますます難しくなるのです。禁煙を成功させるためには、最初の禁煙で失敗しないことがポイントになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です