離煙パイプのメリットなど

離煙パイプとは、普段通りにタバコを吸っているのに徐々にタバコから離れられる禁煙グッズのことです。31本で1セットとなっており、毎日ニコチン量を3%ずつ減らしていきます。31日目には95%カットできているという計算です。離煙パイプは、洗って二度使いをすることができます。

ニコチン量が0.1mgのタバコを吸っている人なら1回の使用で禁煙ができますが、それよりニコチン量が多いタバコを吸っている人は2度使いが必要になるかもしれません。0.2mgのタバコを吸っている人は、まずは離煙パイプをそのまま31日間使用します。その後、0.1mgのタバコにかえて、もう一度31日間使用することで理想的に禁煙ができるという計算です。離煙パイプはそれなりに高額ですが、せいぜいたばこ代1か月分~3カ月分程度です。

それで一生禁煙ができるのならトータルでかなりの節約になります。お金だけでなく、健康にも良い影響がでます。離煙パイプはとても成功率が高い禁煙方法です。その理由は、「吸いながらできる」というのが大きいです。

パイプさえつけていればいくら吸ってもOKなのでストレス・イライラを軽減できます。ニコチンだけでなく、タールなどの摂取量も抑えることができるので、基本的には体への害が増すことはありません。そして、パイプさえつけていれば失敗がないというのも大きいです。31番パイプまでいったら、ニコチン量を95%カットできています。

その後にまた吸いたくなったら、また31番パイプをつけて吸ったら戻ることがありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です