吸いながらにして禁煙可能?離煙パイプの仕組みとは

禁煙を実現させたくて、いろいろと試したけれどもどうしても成功させることが出来なかったと肩を落とす人は数多くいます。しかし、そんな禁煙非成功者の中には、禁煙ではなく離煙をうたっている離煙パイプを利用したら、意外と楽に禁煙が成功してしまったと言う人がいることをご存知でしょうか。そんな話題の離煙パイプの秘密は、毎日煙草の吸い口に取り付けるパイプにあります。1から31までの番号が記載されたパイプの横穴に注目してみてください。

1番に比べて10番が、10番に比べて20番の方が横穴が大きくなっていることに気づくはずです。そして、その横穴の大きさこそが離煙パイプが多くの人を禁煙に導いた鍵となっています。煙草を吸う際に体内に入ってくるのはニコチンです。しかし、離煙パイプを通すことで横穴からニコチンを逃がすことになり、体内に入り込むニコチンの摂取量を格段に下げることが可能となります。

穴が大きければ大きいほど体内に送り込まれるニコチンの量が減り、依存度が下がるという仕組みです。この方法ならば突然の禁煙とは異なり、普段通り煙草を吸いながら自動的に徐々にニコチン摂取量を下げることが出来るため、知らないうちに依存度も下がります。従って最後のパイプを吸い終わった時、事実上は翌日から本当の意味での禁煙となりますが、その時にはもう体はそれほどニコチンに依存している状態ではなくなるため、楽に禁煙をすることができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です