離煙パイプで苦しまずに禁煙できる

禁煙を志している愛煙家たちの中で注目されている禁煙アイテムに離煙パイプというものがあります。禁煙と言えば味気ない代替品を使ったりタブレットを使ったりでタバコそのものとの接触を断つタイプが多いですが、離縁パイプはタバコを吸いながら徐々に禁煙していく、という全く新しい発想の元に誕生したアイテムです。このアイテムは1番から31番までの番号が割り振られた31本のパイプで構成されています。パイプにはニコチン摂取量を減らす横穴が開けられており、番号が大きい順に横穴が大きくなっていきます。

ニコチンの減少量は1番では僅か3パーセントですが、31番では95パーセントに達します。この離煙パイプをタバコに吸口部分に設置する事で、ニコチンの量を段階的に減らしていき、やがては完全な禁煙に到達する事を目的としています。基本的には一日おきにパイプを取り換えていき、最速で一カ月、目標としては二カ月での禁煙を目指します。離煙パイプに薬剤やフィルターなどは一切備え付けられておらず、誰でも安心して利用できる他、洗浄して複数回使用する事も可能です。

離煙パイプ以外の禁煙アイテムと比較すると、時間を掛けてニコチンの摂取量を減らしていくので離脱症状を起こしにくく、心身の負担を掛けずに自然な状態で禁煙に持っていく事ができます。また禁煙中でもタバコを吸うという行動は継続されますので、辛くなって途中で諦めてしまうような事も起こりません。離煙パイプのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です