離煙パイプでニコチン量をコントロール

今まで日常的に喫煙をしてきたけれど、健康を考えて禁煙をしたいと考える方も増えてきています。しかし今まで喫煙してきた人がいきなりすっぱり禁煙をすることは、精神的にも大きなストレスになるため、いつもどおりにタバコを吸いながららくして禁煙が行えるアイテムとして「離煙パイプ」を取り入れる方が増えてきています。この離煙パイプとは、1から31までの番号が振られた31本のパイプがセットになっており、1番から毎日順番に取り替えて使っていくことにより、毎日数パイプに含まれるニコチン量が-3%から-95%と段階を経て軽減していくことが可能です。段階を大きく分けることによって味の変化も最小限に抑えられ、タバコを吸いながら禁煙を無理なく目指すことができるようになります。

離煙パイプは全国の百貨店でも取り扱いされており、今や日本をはじめアジアや北米、EU諸国でも販売されている日本産の人気のブランドでもあります。パイプには香料や薬剤は一切使用しておらず、空気の流入量だけでニコチン量をコントロールすることができる仕組みです。パイプそれぞれには特許取得の精密技術によって開けられたミクロの穴があり、ニコチン量を1日約3%ずつ減らしていくことが可能です。実際に離煙パイプは使用することで高い禁煙率が得られることから、禁煙外来がある病院でも採用されることが増えてきています。

信頼性が高い点も多くのユーザーに支持されている理由といわれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です