離煙パイプの仕組みと使い方

離煙パイプは、1日に3%ずつニコチンをカットしていく禁煙アイテムです。離煙パイプは、吸いながらタバコをやめることができるため精神的に楽というメリットがあります。特にニコチン依存がある方にとっては、いきなりタバコをやめることはストレスになりますので、離煙パイプを活用するとよいでしょう。また、薬剤を使用していない点も大きな特徴で、身体に負担をかけず無理なく継続することができます。

離煙パイプの使い方は、いつも使用しているタバコにパイプを着用して吸うだけです。パイプは、毎日順番に付け替えながら使用しますが、吸う本数には制限がありません。それぞれのパイプは、前日より約3%のニコチン量を減らしていますが味や香りは変わらず楽しむことができます。31番目のパイプまで続けて使用すると、95%のニコチンがカットされることになります。

31日目まで使用した後は、ニコチンに対する肉体的な依存はなくなっていますので、タバコを吸うという習慣を断ち切りましょう。どうしても手持無沙汰になってしまう場合は、タバコ以外のもので補ってみると効果的です。ニコチンを95%カットされているキープパイプは、精神的依存を断ち切れずにどうしてもタバコを吸いたくなった場合に使います。タバコを吸いたい気持ちを無理して抑えてしまうと、ストレスから禁煙に失敗してしまう場合もありますのでそのような場合は、キープパイプを使用することが推奨されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です