離煙パイプを使って禁煙を

タバコは百害あって一利なしと言われることもあるほど、体に対しての影響が懸念されています。さらに、現在では禁煙思考も高まっており、従来喫煙していた人も禁煙するというケースは決して珍しくありません。しかし、一度喫煙の習慣がついてしまうと、体の中にニコチンがあるのが当たり前の状態になってしまい、なかなか禁煙できない場合も多々あります。そこで、現在では数多くの禁煙グッズが開発されており、それを利用している人も多くいます。

離煙パイプとは、その名の通り煙から離れることができる、つまり禁煙グッズとして開発されたものです。番号が1番から31番まで書かれているパイプで、いつも吸っているタバコにこのパイプを取り付けて利用するものです。離煙パイプの大きな特徴は吸いながら禁煙できるということで、一般的な禁煙方法とは違い、タバコを我慢する必要がありません。パイプには横に小さな穴が開けられており、その穴が番号が大きくなっていくに従って徐々にサイズが大きくなっていきます。

パイプに開いている穴は、体内に入るニコチンの量を減らす役割を担っており、番号が大きくなるにつれて、徐々にニコチンの摂取量を減らすことができます。禁煙に挫折してしまう大きな原因の一つがニコチン欠乏ですが、離煙パイプを上手に活用すると、徐々に体内に入っていくニコチンの量を減らすことが可能です。そのため、ニコチンの離脱症状も軽くて済むので、禁煙しやすくなるということメリットもある商品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です